2019年度投稿作品のご紹介

私はしていない。 周りもしていない。 だから差別なんて関係ない。 本当にそうでしょうか。 もう一度振り返ってみて。 1人ひとりが意識をしていくことで、救われる人が必ずいます。
みとまと
言葉は時にナイフより強い武器になる。 でも、その言葉で人の命を救うこともできる。 普段あなたが日常的に使っている言葉、 もう一度見直してみて。
おはぎ
友達に注意できない自分。 周りにあわせている自分。 自分がいじめの中心にいなくても、 気づいていて、助けなかったり、 注意しなかったら、それもいじめ。
さくらんぼ
何気ない会話のひと言が、相手を傷つけ、 その人の人生を決めてしまうかもしれません。 言った側は覚えていなくても、 言われた側は一生残します。 考えてください。 言葉の重さ、大切さを。
ふでばこ
私は差別について、生きている中で決してしてはいけないことの一つだと思います。
もしも自分がされたら、本当につらい気持ちになると思うからです。
だから、自分がされて嫌なことは、相手にも絶対にしてはいけないと思います。
差別のない世の中がいいです。
片岡磨希
私にとって、友だちという存在は心の支えになっていると思います。
なぜなら、悩みなどを聞いてくれて解決してくれたり、
「私もいっしょ。」と言ってくれたりして、話しているといつの間にか心が楽になっているからです。
世古美月
ぼくが困っていると、友達が「大丈夫?」と声をかけてくれた。
そのお陰で、気が楽になった。
だからぼくは、人権を尊重する社会を作っていくために、大きな事はできないけど、「大丈夫?」と声をかけられる人になりたい。
廣岡友起
人権を尊重する社会を作っていくためにまず、学ぶことが大切だと思いました。
なにも知らないままだと人権を尊重する社会はできないと思います。
今よりももっと人権について知ると、人権を尊重する社会ができると思う。
森岡もね
子どもの頃、「自分がされて嫌な事は人にしない」母から教わった言葉。
「自分がされて嬉しい事を人にする」孫から教わった言葉。
みんなが平等に幸せに生きるルールです。
誰もがルールを守ればみんな幸せに暮らせるよね
山ちゃん
人はみんなと一緒が安心する。同じ気持ちだと、すごく安心する。
誰かと繋がっていたいと思う。安心するよね。
だけどそれが、だんだんと大人になっていくと自分の気持ちや行動が人と違ってもいいんだと。いつかは気付けると思う。ゆっくり焦らなくてもいい。
一人ひとりステキな個性があるから、安心して前を向いてほしい。
teammiyu
ついつい周りの人と、勉強や運動や得意なこと、苦手なことを比べてしまいます。
産まれた時から、みんな一人ひとり、個性があり、とても素敵な性格なんですよね。
イヤなことがあっても、必ず近くに助けてくれる、周りの人がいます。
心配や不安にならずに周りをゆっくり見渡して、頼ってください。
♪カラオケ♪
人権って何も難しいことじゃないよね。
相手の気持ちを慮りお互いを認めあうこと。
人それぞれ考え方が違うのは当然。
育った環境が違えば物事の見方が違うのも当然だ。
ともすれば日々の生活で忘れがちになりそうだけど、相手を認めて受け止めて話すようにしよう。 まず一歩。
井澤貴代美
ぼくは、声をかけ合っていくことが、差別を無くす第一歩だと思います。
悩んでいる人がいれば、それに気がついて、こちらから声をかけることで、
気持ちも楽になると思います。そして、一緒に考えていきましょう。
大森翔斗
「無関心」と言い、逃げて目を背けるのは簡単だけど、それで社会は変わらない。
誰かが声を上げたとき、自分には何ができるか、それを考えるだけで社会から差別を
なくす第一歩になる。
みんなで踏み出せば、その分差別をなくせる。
桒原歩乃美
ことばづかいは大切だ。その時、笑って過ごしていたかもしれないけど、
本当はその言葉で苦しんでいるかもしれない。
発言する前に踏みとどまってみようよ。
その言葉が、相手を傷つけることのない言葉かどうかをよく考えてみよう。
内田華音
人権を守る、尊重していくことは、自分たちにできないことではありません。
自分の周りでは、どうなのかということから考えてみましょう。
そして、いじめや差別で苦しんでいる人がいることについて知り、
そこからしっかり考えていきましょう。
𠮷岡大瑛