三重県と言えば、伊勢商人を輩出した地域。

その伊勢商人の中で、いち早く関東に進出していたのが、

松阪市の射和中万と呼ばれる地域の商人たちだったそうです。

!cid_FBD76A2D-0EC4-436E-A701-681C338D3917.jpg

松阪市の南部、国道42号沿い、櫛田川に面した、多気町と接する地域で、

この辺りは、歴史ある家並みや蔵が、今も残っています。

!cid_EB08103A-5BB3-487F-BF59-B39DF20250E3.jpg

中万町では、室町時代から、伊勢湾台風が来るまで、

櫛田川の河原で「中万市」という市が毎年開催されていました。

!cid_811982EE-00CE-45A9-ABA4-186FE24928A9.jpg

日用雑貨やお菓子など幅広く売られ、

対岸から船でやってくるなど、 多くの人でにぎわっていたそうです。

「中万市」が昨年、約60年ぶりに復活されて、

今年も開催されることになりました。

日時は11月25日(日)午前10時~午後3時。雨天決行。

「中万市」では、歴史ある町並みを散策していただく楽しみがあります。

今も、商人として東京で活躍している豪商の本家や、

立派な古い門構えが残る家などをスタンプラリーで巡ります。

スタンプラリーを集めると、町並みのオリジナルポストカードがもらえるそうです。

!cid_5450B31F-803D-4A2A-820C-3652B0EB5BCC.jpg

「市」なので、飲食物、雑貨等の販売もあります。

中万ゆかりの特産品「ちくま味噌」

中万出身の人が、東京・深川で作り始め、300年以上の歴史があります。

ちくま味噌は、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りし、

帰りに立ち寄ったことでも知られているお店です。

また、ちくま味噌と、相可高校食物調理科がコラボして、

お菓子を作り、今回販売されます。

その他、伊勢いも松阪赤菜雑貨など、

地元の人たちが作っているものが販売され、

飲食コーナーもあります。

さらに今年は「中万町民文化祭」が同時開催されます。

「中万市」

歴史ある町並みを散策しながら、お買い物を楽しんでいただくことと、

町並みの景観を守るという2つの目的があります。

中万町の町並みは、松阪市の景観重点地区の候補になっています。

古い建物は、傷んでいたりもするので、それらを修繕したり、

また後世に残していくために、補修したりする、

そのための資金として、売り上げの一部が使われそうです。

みんなで町並みを守ろうとする地域の人々の心が素晴らしいですね。

https://www.matsusaka-kanko.com/blog/2018/10/30/2018年11月25日日%e3%80%80中万市中万町民文化祭同時開催/

山上和美でした♪

今日を頑張るあなたに送るインタビュー。

県内で活躍されている方々のお話をお届けします。

今朝は、三重すし街道 相談役元・大寿司の松田春善さんです。

1106.jpg

昭和24年12月、現在の津市(旧久居市)生まれ。

三重高校を卒業し、大学を中退後、伊勢の調理師学校を経て、

東京・青山にある大寿司で9年間修業し、

本店の店長を務めたのち、29歳で独立。

津市に大寿司を開店させます。

2年前に閉店するまでの約39年間、12人の寿司職人を独立させ、

多い時は、職人18人、アルバイト5人を抱えるほどの規模でした。

松田さんの人育てはこうでした。

①一緒にちゃんと教えていく

職人の世界でも、見て学ぶの時代は終わっている。

店の信用に関わる事なので、全員が同じ味が出せるように教える。

②数をこなす

年数じゃなく、どれだけこなしたかが大事。

1日1人前握るのと、1日100人前握るのでは腕の差は違う。

③希望をもってやらせる

修行は掃除から始まるが、完全にできたら、次の段階の仕事と

楽しさを持ちながら教えていく。

嫌々やるのと、楽しくやるのでは違う。

出来たら褒めてあげる。

良い環境で育てることが大切。

そんな松田さんには、人生において3回挫折がありました。

1度目は高校入試。

2度目は重量挙げをしていた大学時代。

怪我して、スポーツも大学も断念しました。

そして修業時代3年目。先輩と後輩の板挟みで辞めたくなったそうです。

しかし、高校時代、入った高校で仲間と切磋琢磨する素晴らしさを見つけ、

大学時代、挫折し、道を変えることで、寿司職人になることができました。

今になってみると辞めてよかったと思うそうです。

◆松田さん流困難の乗り越え方◆

一つの壁にぶつかったとき、次のことを考えることが大事

それが出来れば壁は乗り越えることができる。

これからは寿司業界の為に力を注ぎ、

また女性の寿司職人を育てていきたいということです。

インタビュー、次回は12月の放送予定です。

山上和美でした♪

月曜担当・横井三千です。

今日も、ありがとうございました!

日に日に寒くなる最近、冬支度は進んでますか?

私は着々と厚手の上着の準備をしたり、モフモフしたものを集めてます。

モフモフしたもの・・・・例えば、これです。s-P_20181028_171132.jpg最近、シュナウザー飼いの皆さんの間で話題になってた、

コストコで売ってるシュナウザーのクッション。

先日見つけたので、即購入!

連れて帰りました。

しかし、さすがはコストコ。。。アメリカンサイズですよね。

お店では「わー大きくてかわいい!!」ですが

持って帰ってくると、

s-P_20181102_092511.jpg

うちのこ・ミニチュアシュナウザーのコハルさんが乗ると、このサイズ感。

巨大なシュナウザーです(笑)


s-P_20181028_182636.jpg

実際、抱えて帰ってくるのも大変でした。


しかし、モフモフしたものや温かいものは

冬場に恋しくなりますね。

このジャイアントなシュナウザークッションも、ついくっついて眠ってしまいます。

寒さの厳しくなる前に、モフモフあったかいもので越冬準備をしましょうね(笑)

月曜担当・横井三千でした。