こんにちわ☆神田沙織です。


4月の最終週、
今日はプレミアムフライデー。
まったくプレミアム感がありませんが・・・・(笑)


きょうは、私も大好き
鈴鹿市の椿大神社を~三重巡り~しました♪

デジカメを忘れてしまって
写真アップできーず。。。
私、個人のブログには椿大神社の
写真などをあげているので、
ツイッターとも合わせてみてみてください♪

そして、
来週はいつも三重巡りをやっている時間に
リスナーのみなさんから三重のおすすめの場所や食べ物などなど
直接、電話で私神田が聞いちゃいます♪(*^_^*)

こちらにも
是非、ご参加くださいね☆

明日から長い方は9連休のGW!!!
お休みの方はしっかり楽しんでくださいね(*^_^*)

来週も
みなさま、どうぞよろしくお願い致します。

おはようございます☀
きょうもお聴きいただきありがとうございました。

きょうお話した松阪公園の藤!
きのう見に行ってみたら、ちらほらと咲きはじめたところでした。
小雨の降るあいにくのお天気で写真が暗いですが・・・
DSC_0270.JPG

お花はこれからですが、藤棚の下に入ると、いい香りが
見た目の美しさとともに香りも楽しんで下さいね!

DSC_0276.JPG
松阪市観光協会の方が毎日写真をHPにアップしてくださっていますので、
そちらで藤の状況を確認してお出かけください

そして、23日(日)、海津市の木曽三川公園センターでの公開録音
「ベリーグッドマンPremium Talk & Live」!!
お越しいただいた皆様、ありがとうございました<(_ _)>

雲一つない快晴で、野外ライブ日和
お天気まで味方につけてしまうベリーグッドマンの皆さん、素敵な方々でした~!!
会場が一体となるものすごい盛り上がり↑↑↑
おもしろトークとライブのかっこよさ!そのギャップがたまらんですね(>_<)!!
DSC_0255.JPG
私は初MCで緊張していましたが、ベリーグッドマンさんと会場の皆さまのおかげで
とても楽しかったです(*^_^*)

この模様は4月30日よる8時~OA!
ぜひパワフルなライブ、素敵な歌声、楽しいトークの模様をお聴きください!!

三重映画フェスティバル実行委員会のご協力によりお送りしている「三重映画さんぽ」
今年度も毎月最終火曜日にお届けします。

今回は現在開催されている「お伊勢さん菓子博2017」に因み、
「映画に登場したお菓子」というテーマで、
三重映画フェスティバル実行委員会会長田中忍さんにお話いただきました。

0452写真.JPG

映画に登場したお菓子というと・・・

最近の映画では、ジョニーデップが出演した「チャーリーとチョコレート工場」、
樹木希林が出演した「あん」があります。

でも、お菓子の名がタイトルについていたり、
お菓子がお話のメインになっている映画はここ20年内ぐらいのことで、
それ以前の映画、特に日本映画には、このようなことが見つけられないんです。

古い映画の中でお菓子が出てくるシーンはお菓子は小道具として使われる程度です。

例えば、「ローマの休日」。
昭和28年オードリーヘプバーン主演の映画で、
オードリーが演じるアン王女が長い髪を切り、
ローマのスペイン広場に出かけてジェラートを食べるというシーンがありました。

日本映画でいえば三重県ゆかりの小津安二郎が監督した「麦秋」
昭和26年の映画ですが、ここでイチゴのケーキが出てきます。
原節子がイチゴのケーキをホールで買ってきて、義理の姉・三宅邦子と食べるのですが、
映画ではケーキの値段を900円と言っていて「ええ、そんなに高いの!」とびっくりします。
当時900円というのは、今のお金に換算すると1万円以上もしたそうです。

お菓子が持つ魅力を描いた映画でオススメは、
2000年に製作されたアメリカ映画「ショコラ」です。
主演は、ジュリエット・ビノシュという美しいフランス女優で、
彼女の役柄はチョコレートの効能を広めるため各国を歩いていて、
物語の舞台となるフランスの小さな村にチョコレートを売るお店を開きます。
この村は伝統や規律、そして戒律を重んじながら閉鎖的な地域で、
村長はそれを守ろうと、このチョコレート店を排除します。
しかしこのお店では、お客の好みにあったチョコレートを販売するので
だんだんと人気が出てきて、
チョコレートを食べた村人たちの気持ちが和んでいくというお話です。
チョコレートが村に変化を及ぼしたというファンタジー作品です。

映画もお菓子も毎日見たり、食べなくても生活は成り立っていきます。
でも映画を見た方と見ていない方、お菓子を食べた方と食べていない方には、やはり違いがあって...
映画もお菓子も、生活を豊かにするポイントのように思います。

ますます映画とお菓子が恋しくなりました。

山上和美でした♪