weekend cafe 9月23日

上野の町に秋風が吹き、山々の美しい紅葉が里に下りてくる頃
町は祭りの準備で活気づきます。
囃子の稽古が始まって、太鼓や笛の音色が聞こえてくると上野天神祭が
もうすぐなんだなって思わせてくれます。
そろそろ準備が始まる伊賀上野から素敵なお客様にお越しいただきました。
お話は、上野文化美術保存会の木村佳三郎さん。
今年は日程が変わって、10月21日に宵宮、22日が足ぞろえ、23日本祭となりました。神事は変わらず25日に行われるそうです。
絢爛豪華、贅をつくしただんじりと百数十体の鬼行列、秋の上野のお祭りを
今日はじっくりとお話ししていただきます。

上野天神祭は2003年に国指定重要無形文化財になり、去年はユネスコ無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」の1つとして登録されました。
お祭りまであと1か月。準備も始まりました。
祭りの見どころはそれぞれですが、各町のだんじりは豪華で
上野が町人文化の町だったことが伝わってきます。
装飾品や金具の模様には中国の偉人や幸運を招くという霊鳥獣、
虎や象、麒麟などが描かれています。

伊賀鉄道に乗って、上野市駅で降りれば10月21日から23日まで
華やかな上野の天神祭りを楽しむことができます。
ガイドブックを片手に鬼行列、だんじり、そして祭りを守る人々の姿を
しっかりとご覧くださいね。
木村さんがおすすめしてくれた2日目の夜、提灯に彩られただんじりも素敵だろうな。。
祭り本番が楽しみですね

上野文化美術保存会
〒518-0857 三重県伊賀市上野三之西町3205-1
0595-23-0930

s-DSC_0633.jpgs-DSC_0636.jpgs-DSC_0640.jpg

weekend cafe 9月16日

お釈迦さまは菩提樹の木の下で座禅を組み、悟りを開いたと言われています。
菰野町竹成にある大日堂にも大きな菩提樹の木があります。
葉っぱはハートのかたち。実が落ちるときは、葉っぱも実も薄い茶色になり
クルクルと回転しながらゆっくりと地面につきます。
このはかなさがなんとも言えませんね。
そういってお話をしてくださったのは、菰野町竹成観光協会、大日堂五百羅漢
役員の岩花和正さん。穏やかな口調で訪れる人を優しく案内してくれます。
岩花さんと同じように、大日如来と五百羅漢のことを紹介してくださるのは
大日堂五百羅漢、総務そして菰野町竹成観光協会役員の伊藤功一さんと
服部紀敏さん。今日は3人のお客様と一緒にトークタイム。

菰野町竹成地区の集落の中心に大日堂があります。
ここの敷地には高さ7メートルほどの小さながありここに469体もの石仏像。
これが竹成五百羅漢です。閻魔大王に七福神、松尾芭蕉、そして神様も仏さまも石像となって置かれています。

大日堂の中は、とっても安らげる場所になっています。
最近は、町内に住んでいるスリランカの人達がお参りにくることも多くなったそうです。ご住職はいなくて、地域の皆さんの手で守られているお寺。
多くの人が集える場所でありたいそうです。

境内は季節によって、さくらや藤の花、菩提樹の花を楽しむことができます。
岩花さんは、大日堂の前にあるお和菓子屋さんのご主人。
甘いものを買って、お花を愛でるのもいいですね~。
竹成の皆さんが、ずっとずっと大切に守られてきた場所。
これからも訪れる人々に安らぎの時間を届けてくれることでしょう。
大日堂は毎週日曜日に開けられます。
ぜひ、お越しください。

大平山松樹院 
三重郡菰野町竹成2070
※日曜日のみ大日如来像を見ることができます。

s-DSC_0624.jpgs-DSC_0626.jpgs-DSC_0629.jpg

weekend cafe 9月9日

今日のお客様はNPO法人やさと伊坂・山村ダム公園化推進協議会の理事長
鵜野良一さんと副理事長、佐藤長生さんです。
毎日、メンバーの皆さんが交代でこの場所の運営を行っています。
自転車、ソフトボール、テニスにウォーキング。体を動かすには
とてもいいところです。
最近では、星空観察会が行われ
300人以上の人が四日市の星空を楽しみました。とってもきれいでしたよと
鵜野さん。鵜野さんたちの活動は、公園施設の受付を始め、花壇の整備もしています。サルビアやマリーゴールドがきれいに咲いていました。
そして、ダムの喫茶店の運営も大切なお仕事の1つです。
ダムの喫茶店は、普段は夕方ごろまで喫茶店をオープンしています。
予約をすればバーベキューを楽しむこともできるんです。
また、文化の駅として1か月単位でパッチワークや絵画などの作品を展示することも可能です。

11月12日、フェスタイン伊坂ダムというイベントが行われます。
このイベントでは12000枚のハンカチが赤い糸で結ばれて1周3.6キロの伊坂ダムを囲みます。そしてこのハンカチには12000人の夢がそれぞれ書かれています。
伊坂地区の住民のみなさんがおよそ12000人。3.6キロをくるっと囲むには
ちょうど12000枚のハンカチが必要だったんですって。
いろんな偶然が重なりました。この夢ハンカチ、どなたでも書くことができますよ。皆さんの夢もどうぞ・・・

NPO法人やさと伊坂・山村ダム公園化推進協議会

s-DSC_0607.jpgs-DSC_0609.jpgs-DSC_0610.jpg