レディオキューブFM三重 radio3 JONU 78.9MHz

2015年5月にデビュー20周年を迎える平井堅さん。
三重県で育った平井さんは、レディオキューブでも一時、レギュラー番組をもち、「おもいっ気りサンデー」など、公開放送などにも多数、ゲスト出演するなど、なじみが深いアーティスト。
レディオキューブでは「開局30周年」にあたり、改めて「ラジオ」を身近に感じられたり、誰もが共感できるような、ラジオをテーマにした「アニバーサリーソング」を制作して欲しいと、平井さんに依頼し、平井さんが快諾!
そのほか、大型特別番組など、いよいよ平井さんとのコラボレーション企画が始動します!

平井堅デビュー20周年記念サイト → http://www.kh20th.net/

ANNIVERSARY SONG

レディオキューブFM三重開局30周年アニバーサリーソング
「 ON AIR 」 作詞・作曲・唄:平井堅

5月~ レディオキューブのCM枠内で独占オンエア スタート
5月13日(水)<平井堅デビュー20周年記念日>の特別番組(下記参照)内でフルオンエア!
 

★ 制作にあたっての平井堅さんからのメッセージ
“ 我がふるさとFM三重開局30周年(ついでにわたくし平井堅、歌手デビュー20周年っす)アニバーサリーソングということで有り難く書かせて頂きました。開局当時、僕は中学生。 ラジオから流れるHit Songを夢中で聴いておりました。
その頃のドキドキ・ワクワクをありったけ詰め込んで完成したのがこの曲「ON AIR」です。
時は流れ、音楽を聴くツールも目まぐるしく変わりましたが、変わらずにあるラジオ。そして音楽を愛する気持ち。
”The Changing Same”をテーマに書き上げました。 ウキウキ、キュンキュンして頂けると嬉しいです。

平井 堅  ”  

★ レディオキューブのパーソナリティ・スタッフの試聴コメント▼

リズム、歌詞がすっと頭に入ってくる素敵な曲でした。
歌詞がキラキラしています。
好きなフレーズを探してみてください。

「EVENING COASTER」アシスタントディレクター 南 菜穂
ラジオを夢中になって聞いていたころを思い出す、一度聴いたらすぐに口ずさみたくなるメロディ。
歌詞の最後に仕掛けられた?かわいらしいフレーズが、お気に入りです。
この先の30年もラジオを好きでいたい。皆さんにもラジオを好きで居続けていただけるように。微力ながら…がんばろ!

「READY!」(木・金)パーソナリティ 多田 えりか
アニバーサリーソングの構想を抱いた瞬間から、平井堅さん以外の名前は思い浮かびませんでした。デビュー当時から、レディオキューブで番組を持ち、様々なイベントにゲスト出演して頂いたご縁で、今回、私たちの依頼をご快諾頂いたことに感謝しております。故郷への思いを綴った名曲「桔梗が丘」の発表後でもあったので、手前味噌ながら「ラジオ」を主題とした明るい楽曲をとお願いしました。
ラジオと音楽が欠かせなかった青春時代。誰もが共感できる素敵な楽曲です。
ぜひ、ラジオで聴いてください。

チーフプロデューサー
「EVENING COASTER」パーソナリティ 富田 哲也
ラジオへの熱い思いが伝わってきて、大変、いい曲だと思います。
レディオキューブ30周年の曲として、三重県民だけでなく、全国のラジオファン、リスナーに口ずさんでいただければと願っています。

代表取締役 丹羽勇
・明るい
・ポップ
・キーが高い
・すぐに口ずさめそうなリズム
ラジオから流れる曲に影響されて過ごしてきたという状況が思い浮かびます。

総務部主任(業務担当) 田中朋絵
平井堅さんの優しい歌声とポップなメロディがとてもステキです。
この曲を聴きながら毎日仕事をするのが楽しみです。
思わず歌いだしてしまいそうです♪

総務部(業務担当)橋本幸江
ポップでさわやかな、新緑の今にぴったりの曲ですね!
デビュー当時FM三重のスタジオで番組収録していた光景を思いだします。
平井堅さんありがとう!
営業部次長 日比野英明
多様化するメディアの中で、ラジオが持つ「力」と「魅力」を感じる楽曲です。
ラジオはパーソナルメディアですが、「心」をつなぐメディアでもあるんだ!
平井 堅さんも「そんな風にレディオキューブを聴いていてくれていたんだなぁ~」と嬉しい気持ちでいっぱいです。

30周年を迎えた当社にとって、初心に戻って「ラジオの価値」を考え「ラジオに携われる喜び」を思い出させてくれた素晴らしいアニバーサリーソングです!

放送部長 桜井健司
私は生放送が大好きです。送り手と受け手が同じ時間を共有しているっていう一体感がたまりません。特別ではなくいつもの暮らしに中にあるラジオ。平井堅さんはそんな身近なラジオの魅力をやさしくポップに表現してくれました。自宅や車の中・・・そしてスタジオで同時に「ON AIR」を聴いて共に歌いましょう。

プロデューサー アナウンサー 瀧裕司
地元三重出身の平井堅さんが、「ラジオ」へ想いを込めて作ってくださった愛を感じる1曲。
POPな平井堅さんワールド全開で、つい口ずさんじゃいます♪
私も、「ラジオ」と「音楽」で育った世代で、もちろん、“カセット”も懐かしいっ。
「ラジオ」を歌って下さったこの1曲が、アナタにとっての「ラジオからのfavorite song」になること、マチガイなし!ですね★

プロデューサー アナウンサー 西本亜裕子
「The Changing Same」―。平井堅さんの曲のタイトルにもなっているこのワードが、今回の「ON AIR」のテーマになったそうです。「変わりゆく変わらないもの」平井堅さんの楽曲「The Changing Same」にはそんな副題が付けられています。なるほど。

「ラジオのリスナーは、自然と番組から卒業していく。」と、昔誰かから教わりました。
通学・通勤時の車の中など、生活習慣の中で聴かれるラジオは、その習慣が変わることで、番組からも離れていく。例えば、進学や就職で地元を離れたり、通学・通勤の時間帯が変わる事で、リスナーは番組から卒業していく。

僕も進学で、泣く泣くお気に入りの番組が聴けなくなった思い出あるなあ。引っ越し先ではその番組やってなかったりして。
でも、卒業って、決別じゃない。そこにあり続ける限り、思い立ったらいつでも帰る事ができる。卒業していくのがラジオなら、帰って来る事ができるのもまたラジオ。
変わりゆく皆の為に、僕たちは変わらず、いつまでも「ここ(ラジオ)だけはあたためておこう」。 なんて!そんな風に思いを新たにしてしまうほど、ラジオ愛に溢れていて、ラジオフレンドリーなこの曲「ON AIR」が、ラジオを通して、沢山の人の生活に溶け込みますように。

プロデューサー 「RADICAL TUNES」パーソナリティ 代田和也
一度聴いたら口遊めるPOPなメロディーと、ラジオに思いを馳せる歌詞。
平成生まれの私は、46分テープをカタカタ鳴らすことは少なかったけれど、 MDにラジオを録音し、そのラジオから流れてくるお気に入りのCDを買って、 一喜一憂する中にその音楽があって…

そんな私が、今はラジオで発信する側にいる。
この曲のように“ON AIR”を通して誰かの気持ちに寄り添えるパーソナリティになりたい!
そんな風に思える曲です。

アナウンサー 「READY!」(水)、「WEEKEND PALETTE」パーソナリティ 清田のぞみ
(FM)ラジオから流れてきたら一聴でとりこになる、そんなラジオフレンドリーな正にラジオソング、そんな曲ですね!
歌詞も素敵です、懐古的なフレーズから、ラジオと音楽の未来もしっかりと歌に込められていて、リスナーの皆さんそしてラジオにかかわっている我々にも元気を与えてくれるレディオキューブ30周年にふさわしい曲だと思います。

「READY!」ディレクター 西村昌浩
「ぼくらは おとなになって、ぼくらは こどもにもどるんだ」
大人から子供まで、誰もが口ずさみたくなるようなメロディーは まさにラジオから流れる“みんなのうた”♪♪

CDライブラリ担当 江口英里
音楽が、そしてラジオが、多くの人と人、心と心を繋いでるんだ…。
そんな事をあらためて感じさせてくれる曲でした。平井堅さん、デビュー20周年、おめでとうございます。
そして、ありがとうございます!

総務部次長 伊藤達彦 (デビュー当時のレギュラー番組『KEY OF LIFE』担当ディレクター)
明るくて優しくて爽やかなメロディーとラジオと過ごしたことのある人なら誰もがきっと「あの頃」を思い出す歌詞。
聴いていたら、自然と笑顔で 体を揺らしていました。
ラジオの魅力がぎゅーーーっと詰まった、ステキな曲です!!

リポーター、「みえすぽ!」パーソナリティ  井上麻衣
キラキラしていて、可愛らしくて、楽しくて、すごく覚えやすい曲ですよね。老若男女問わず、みんな一緒に楽しめる曲だなと思います。
私もつい口ずさんじゃいます♪ 学生時代、ラジオをカセットに録音して繰り返し聴いていた当時の気持ちが懐かしいなぁ・・・。
分かりやすい歌詞にラジオへの想いがたくさん詰まった素敵な曲。
みなさんも、ラジオを聴きながら一緒に口ずさんでみてくださいね。

「EVENING COASTER」アシスタントディレクター 大田亜里沙
平井堅さんが、レディオキューブFM三重のために作ってくれたと思うと・・・、とても感動しました!
あの声はもちろん、歌詞がとっても素敵で、平井堅さんのラジオに対する思いを聞けたようで嬉しいです。
聴いていると楽しくなって、サビの部分は思わず口ずさんでしまいます。

「EVENING COASTER」アシスタントディレクター 白石美里
平井堅さんらしい ポップで、いろいろ共感しちゃう青春がつまった楽曲。
一度聞いたら頭の中をリピートしちゃうでしょう!
音楽プレーヤーだとお気に入りの曲ばかり流してしまうけれど、ふとラジオをつけて出逢った音楽がそのときの自分の気持ちとマッチしたり、トークにクスッと笑えたり....この曲を聴いて、ラジオはいつも新鮮だし、繋がりを与えてくれる存在だなってあらためて思いました。

リポーター 山本莉央
小さなトランジスタラジオから流れるカッコいい音楽をちょっと背伸びして聴いていた自分を思い出します。

伝える形は変わって行くけれど、伝えたい想いは、ずっと変わらない・・・。
そして、いつもそばにいる。

ラジオへの想いがあふれるステキな曲です。ちょっとだけボリューム上げて聴いてみましょう!

「みえすぽ!」ディレクター 前田純一
これぞ「平井堅」というPOPなメロディに乗って聞こえてくる「カセット」というフレーズに僕の心は鷲掴み。
「On Air」という言葉よりも先に「エア・チェック」という言葉を知っていた僕ら世代には、「音楽」「ラジオ」そして「カセット」は、切っても切れない三点セット。
FM雑誌にチェックを入れ、カセットデッキのポーズボタンに指をかけてスタンバってた事
突然ラジオから聞こえてきたお気に入りの曲に、慌ててテープを探した事
曲の途中からDJが喋っちゃったけど、今となってはそれも曲の一部になっちゃってる思い出のカセットテープ・・・などなど、遠い過去に置いてきたラジオやカセットの思い出が、この曲を聴いてイッキに蘇りました。
30周年の今年はもちろん、毎年、開局記念日には必ずエアプレイする、レディオキューブFM三重の宝物になっていくことでしょう。

「Campus Cube」ほか ディレクター 春名康平(吉橋康司) DJ康平のFriday Party Nightほか 元DJ
今日はラジオから、どんな言葉や音楽が流れてくるのだろう?
そんな思いもよらない出会いへのワクワク感と、あの頃に戻れるタイムマシンのような不思議なチカラを持ったラジオの魅力が詰まった1曲
平井さんの優しい歌声と、ポップで心弾むメロディは、まさに日常を彩るラジオそのものです
ラジオが好きな人は、ひとつひとつの言葉に共感しまだラジオを聞いたことがない人には、ラジオってそんなに面白いの?と思わせてくれるラジオを知らない人も、しばらく離れていた方もこの機会にぜひ、ラジオへの扉を開いてみてください。この曲のような楽しい世界が待っています

「アウトルックみえ」ナビゲーター 伊藤あや